読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからゆっくり考L

旅行好き。美味しいもの好き。日本酒好き。

オーロラチャンス3回、カナダのホワイトホース5日間の旅

Whitehorse, Yukon
有給消化中にカナダのホワイトホースというところへ行ってきました。目的はオーロラ、と犬ぞり。オーロラといったら北欧か、カナダか、アラスカか、といったところでしょうか。お値段と相談してカナダにしようと決め、そうなるとイエローナイフかホワイトホース2択の模様。乗り継ぎ回数が少ない方がいいよね、ってことでホワイトホースに決めました。

普段は割と一人旅が多いんですが、海外旅行経験があまりにも乏しくて不安だったため海外慣れしている友人を誘うことに。二つ返事でOKしてくれたことは一生忘れません感謝。

で、どのツアーに申し込もうかと色々検索しまくる。少しでもオーロラを見られる確率をあげたかったので、市街地のホテルに宿泊するプランは除外。オーロラが見られるロッジに宿泊できるプランに絞って探しました。

すると、エス・ティー・ワールドという日本の旅行会社直営の「カレイド・ロッジ・ユーコン」に宿泊できるツアーを発見。「日本人スタッフ常駐」って、英語が苦手な人にはハイパー安心度高い(結果とてもよかったです)。

ホワイトホースまでの道のり

Whitehorse, Yukon
成田空港発が19時の予定だったんですが、トラブルで出発が1時間少々遅れる。そのため、バンクーバーでの乗り継ぎ時間が1時間少々しかない事態に。乗り継ぎがまにあわなかったらバンクーバーに一泊、という可能性もでてきてかなり焦る。焦ってもしょうがないからビールを飲んで待機。


Whitehorse, Yukon
エアカナダでバンクーバーへ。飛行時間は9時間前後。

Whitehorse, Yukon
機内食その1。

Whitehorse, Yukon
機内食その2。

Whitehorse, Yukon
ワイン飲みつつウトウトしながら映画を見てました。ほぼ寝れず。

Whitehorse, Yukon
バンクーバー到着。大急ぎで飛行機をおりて、入国審査を済ませ、スーツケースを受け取り、また預け、荷物検査をして、

Whitehorse, Yukon
なんとかホワイトホース行きの飛行機に間に合いました。

Whitehorse, Yukon
焦りすぎてて座席を間違え、たどたどしい英語であやまり、てんやわんやでした。

ホワイトホースに到着

Whitehorse, Yukon
すごくミニマムな空港だったので、迷うこと無くロッジのスタッフさんと合流。

Whitehorse, Yukon
カレイドロッジに到着。

Whitehorse, Yukon
部屋がとてもかわいらしい。

Whitehorse, Yukon
防寒具一式。これでオーロラ観測中も寒くない!

Whitehorse, Yukon
食事は三食付き。決められた時間にリビングに集合して、他の宿泊客と一緒に食べます。

Whitehorse, Yukon

初日の夕食はものすごく肉厚なサーモン。写真だと厚みが全くわからないんですが、かなり分厚くてカナダっぽさがありました。

Whitehorse, Yukon
3.15ドルでビールも飲めちゃう。

Whitehorse, Yukon
夜食も注文できる。カナダでも大活躍のいらすとやさん。

Whitehorse, Yukon
夜10時ぐらいからスタッフさんが焚火をはじめるので、そこで事前に注文しておいたエルクのウィンナーとバッファローのウィンナーを焼きます。この日は0度前後ぐらいだったのであまり寒くなく、快適に焚火を堪能。焼きマシュマロも美味しかった。

焚火をしつつ定期的に北の空をチェックしていたのですが、この日のオーロラはいまいちで。うっすらぼんやり見えたぐらいで、見た目はほぼ雲と同じ。写真に撮らないとオーロラなのかなんなのかわからない。
sakaki0214.hatenablog.jp

オーロラが強くなりそうもなかったので早々に床につく。がしかし、しょっちゅう目が覚めるのでその度にロッジの窓からオーロラチェック。3時頃、外を見ると他の部屋のおじさまたちが粘って待機してたけど、どうやらダメそうな感じ。

ホワイトホース2日目

Whitehorse, Yukon
朝の散策。もうすぐ8時だっていうのに暗い。なんならまだ薄ぼんやりとオーロラがでてる。

Whitehorse, Yukon
一通り散策して、ロッジに戻って朝ごはん。このタイミングでまさかの停電、暖房も停止。よくあることらしい。

Whitehorse, Yukon
市街地観光をしに車で移動。まずはユーコン川のほとりにやってくる。普段はもっとぎっちり凍っているそうな。

Whitehorse, Yukon
街に到着。話には聞いていた通り本当にこじんまりとした街で、さくっと散策できました。

Whitehorse, Yukon
ソーセージロールをテイクアウト。さくさくほくほくで美味しい。

街を散策したあとは、オプショナルツアーの犬ぞりへ。
sakaki0214.hatenablog.jp

Whitehorse, Yukon
夕ご飯。エルクウィンナーがまるごとのったパスタ。

Whitehorse, Yukon
ビールももちろん。

Whitehorse, Yukon
食後のデザートもついてくる。

Whitehorse, Yukon
2回めのオーロラ鑑賞。この日は夕食のあとすぐ、早めの時間帯からオーロラがではじめて、カーテン状のものも出現してました。

Whitehorse, Yukon
夜食はバッファロードッグ。この旅行ではウィンナー率が高めでしたが、美味しいのでぜんぜん飽きない。

Whitehorse, Yukon
夜食も食べたしこの後もがんばるぞー!とやる気満々だったのに、突然雲が空を覆いはじめ、あっというまにオーロラは雲の向こう側に。ということで満腹のまま就寝。

ホワイトホース3日目

Whitehorse, Yukon
朝食。この日は停電していなかったのでパンがトーストできました。電気ってありがたい。
この食パンがもっちもちで美味しすぎて、おなかいっぱい苦しいっていいながら毎日おかわりしてました。


前日とはうってかわって、寒いし風はつよいし曇ってるしちょい雪が降ってるし、特にやることもなかったので、寝る。

Whitehorse, Yukon
起床してランチ。メニューはクロワッサンサンド。ロッジのパンはどれもこれも美味しい。

そしてまた寝る。

Whitehorse, Yukon
夕ご飯はステーキ。

Whitehorse, Yukon
朝とは違うタイプのパン。

Whitehorse, Yukon
外は絶望的な天気。オーロラレベルが高めの日だっただけに諦めきれず、あと日中寝すぎて眠くなかったのでずっとリビングでぼんやり外を眺めてました。

Whitehorse, Yukon
夜食はビーフカレー。久々のお米ー!

Whitehorse, Yukon
相変わらずオーロラは全く見えなかったので雪遊びをする友人を見守るなど。-20度のなか、超絶サラサラパウダースノーに水をちょっとずつかけ、雪だるまをつくってました。

Whitehorse, Yukon
寒すぎてマスクをしたら、眼鏡が曇って凍って前が見えなくなりました…念のためコンタクトをもってきておいてよかったです。

Whitehorse, Yukon
4時にロッジを出発し、ホワイトホース空港へ。ロッジのスタッフさんがチェックインカウンターで通訳をしてくれたおかげで万事スムーズ。いたれりつくせりでありがたい。

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon
この旅唯一の窓際席。

Whitehorse, Yukon
バンクーバー空港では待ち時間が5時間ぐらいあったので、アジア系の麺を食べたり、お土産かったり、あとはひたすらソファで寝てました。

旅行を終えて

Whitehorse, Yukon
念願のオーロラが見えたので結果オーライでしたが、実際に行ってみてオーロラチャンス3回って結構きわどいなって感じがしました。オーロラレベルは事前にある程度はわかるものの、天候は「運」次第なので。オーロラを見に行くのであれば出来る限り滞在日時を伸ばして可能性を高めるべき、だと思うので次回は1週間ぐらいは現地に滞在できればなーと思ってます。カナダ最高だったけど、次はアラスカで観測してみたい。死ぬまでに1回みられればいいやと思ってたけど、できればあともう1回見たい。

大自然の中を犬とともに疾走!凍ったタキーニ川の上で犬ぞり操縦体験をしてきた

sakaki0214.hatenablog.jp

オーロラツアーには色々なオプショナルツアーが用意されていました。犬ぞり、スノーモービル、スノーシュー、アイスフィッシング、野生動物鑑賞、タキーニ温泉、などなど。興味があるものはいくつかありましたが、旅行日程がそんなにたっぷりあるわけではなく、かつ夜はオーロラ鑑賞ということでどうしたもんかと悩む…。優柔不断なわたしには決められなかったので、ここは完全に友人まかせ。そうすると「犬ぞり」にビシっと決まりました。

市街地のホテルから現地まで、車で送迎

Whitehorse, Yukon
カナダホワイトホース、市街地のホテルでスタッフさんと待ち合わせ。ピックアップしてもらい車で走ること30分くらい。

Muktuk Adventuresに到着

Whitehorse, Yukon
犬王国っぽさある。

Muktuk Adventures Sled Dog Adventures | Yukon Dog Mushing and Bed & Breakfast

Whitehorse, Yukon
まずは建物の中に入り同意書にサインをするんですが、室内には大きな犬がたくさん。この子たちは犬ぞりをリタイヤした老犬らしく、ずっと寝てる子や脚が悪そうな子ばかり。弱々しいながらもみんな人懐こくて、ぐいぐい寄ってきてとても可愛い。

外に出てさぁこれから乗るぞーというタイミングになって、自分たちで犬ぞりを操縦しなければならないという事実を知ることに…。操縦はスタッフさんがやってくれるものと思い込んでましたが、実際は二人一組のうち片方が操縦、もう片方は座るんだそうな。

Whitehorse, Yukon
ソリを目の前にし、操縦方法を英語でレクチャーされる。日本のスタッフさんが通訳してくれたので内容はわかったけど、けど、心の準備がまったくできてないやばい。しかもじゃんけんの結果、私が最初に操縦することになって余計に焦る。あれよあれよとうちのソリをひいてくれる犬が選定され、繋がれていきます。


5匹の犬が繋がれると、興奮度マックスの犬たちがぐいぐい引っ張る。スタート指示があるまではブレーキをふみ、ソリが進んでしまわないように堪えます。

スタッフさんがのったスノーモービルが最初に出発し、あとは間隔をあけて1組ずつ出発していきます。

操縦者は、犬のスピードが上がりすぎないように定期的にスピードを緩めなければなりません。

説明時に言われた注意点は、
・犬が跳ねるように走るのは早すぎ。
・他のソリと並走すると犬が競争をはじめるので絶対NG。
・前との距離は3メートルぐらい(数値はちょっとあやふや)あける。
・トイレ中の犬がいたら止まってあげる。
といった感じ。

最初はとにかく犬たちが元気なので、常にスピードを緩めるプレート?を踏み続けます。

一生懸命走ってるのにスピード落とさせてるのってちょっとかわいそうだな、と思いプレートを踏むのをやめると、すぐ前のソリに追いついてしまう。加減むずかしい。

Whitehorse, Yukon
定期的に休憩タイムというか、問題がないかスタッフさんが見にきてくれて様子はどうか聞いてくれます。

ソリを転倒させないようにバランスをとりつつスピード調整するっていうのがなかなかハードで、折り返し地点で友人と交代する頃には腕と脚にかなりの疲労が。もうヘロヘロですよ。

帰りは座ってるだけなのでとても楽ちん。目線の高さがさっきまでと違いすぎて見える世界が全然違う。

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon
後ろのやんちゃな子がたまに後ろをちらっと見るのがかわいすぎる。

Whitehorse, Yukon
休憩中に遊んでたらハーネスがとれちゃって直されているところ。

Whitehorse, Yukon
後からスタッフの人が、凍ったタキーニ川の上を走ってたんですよーと教えてくれました。どおりで氷っぽいものが所々にあるなーと思ったら…なるほど。

日本でも犬ぞりはできますが、カナダの大自然の中を走るっていう体験はとても貴重でした。オプション追加しておいてほんとうによかった!!

Whitehorse, Yukon
凛々しい。

関連エントリー

sakaki0214.hatenablog.jp

オーロラ観測記録@カナダ ホワイトホース(2017.01.16〜18)

カナダのホワイトホース、敷地内からオーロラが見られるロッジに宿泊した3夜の記録です。

sakaki0214.hatenablog.jp

初日(1月16日)

ホワイトースはポカポカ陽気。普段は−20度、−30度になることもある季節だというのに、この日は夜になっても0度前後。とっても珍しいことなんだそうな。

Untitled
星空がとんでもなく綺麗。今まで見たどの星空よりもすごくて、星空だけでもかなり満足度高い。

Untitled
日本で見るオリオン座と距離感が違う。写真だとそうでもないんですが、近くて大きかったんです。

20時過ぎ、北の空を見るとほんのり白いもやもやが。オーロラは生で見ると白いと聞いていたので、雲とオーロラはどうやって見分けたらよいのかロッジのスタッフさんに聞いて見ると、

「写真を撮ってみて緑にうつっていたら、それはオーロラですよ。」
と。

Whitehorse, Yukon
雲の後ろがほんのり緑っぽい。どうやらオーロラが一応でてるらしい。

Whitehorse, Yukon
ものすっごく明るい月の登場。

Whitehorse, Yukon
時間がたってもカーテン状にはならずずっと薄い雲のようで、オーロラ感ゼロ。そもそもオーロラレベルが低いとされていた日だったので、この日は早々に諦めて就寝。

二日目(17日)

気温は−10度ぐらい。オーロラレベルは中程度。そこまで寒くなかったので、初日よりは頑張ってオーロラ待機。

Whitehorse, Yukon
21時半過ぎ、北の空にオーロラがではじめる。この日もやはり白いけど、初日とは明らかに違う感じがして期待が高まる。

Whitehorse, Yukon
カーテンができはじめると、ここからはどんどん広がっていきます。

Whitehorse, Yukon

白いオーロラなんて雲と区別つかないしイマイチだなーと思ってたんですが、カーテン状に広がっていく様は明らかにオーロラで。これが自然現象だなんてすごいなーって、涙が出そうになった。

Whitehorse, Yukon
北東から北西まである程度横に大きく広がったらそこで動きが停止。雲もではじめる。体が冷えてしまったので22時過ぎに一旦部屋に退避。

そして23時頃、再び外へ。

Whitehorse, Yukon
全体的にもわーっとしていて、さっきよりもまあまあ広がった?っていうぐらい。

Whitehorse, Yukon
左の方にちょっとずつ拡大していき、

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon
二重になり、突然どんどん広がりはじめる。さっきのと比べ物にならないぐらいすごい。

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

北西の方にも広がっているけど入り切らないので、北東の空を必死に撮影。

星空を撮るときの設定のまま、シャッタースピード20秒で撮影していたのですが、ロッジのスタッフさんが
「オーロラに動きがあるときはISOを少し上げてシャッタースピードは3、4秒ぐらいがいいですよ」
と教えてくれました。そうするともやっとしないらしい。

Whitehorse, Yukon
シャッタースピードを3秒ぐらいにしたけど、それでももわっとしてしまう…オーロラ難しい。

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

ゆるりと変化していた北西の空も急に激しく変動しはじめる。

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon

Whitehorse, Yukon
ひとり記念撮影。
左側のもわもわとした赤い光は、オーロラではなく町の明かりだそうです。

Whitehorse, Yukon
気がつくと頭上にまで広がってました。

Whitehorse, Yukon
25時ぐらいになると雲がではじめてしまい、

Whitehorse, Yukon
この世のおわりっぽい空になってしまいました。
だいぶ満足したので、雲が晴れるのを待たずにこの日はこれにて終了。

最終日(18日)

朝からずーっと曇り。遠くの山は霧で全く見えない。この日は天候が変わる気配がなく、かなり絶望的。せっかくオーロラレベルが高いと予想されていた日だったのに…残念すぎる。

Whitehorse, Yukon
21時でこの空模様。毎日綺麗な星空が広がっていたのに、何も見えない。

スタッフさんにいわく、こういう天候でも晴れてくることもあるし、ずっとこのままということもあるとのこと。

朝の4時に宿をでることになっていたので、だめもとで一晩中定期的にチェック。

Whitehorse, Yukon
25時。全然だめっぽい。このあとも宿を出る時間帯までずーーっと分厚い雲に覆われてました。

写真で見るのと肉眼で見るのとでは見え方が全然違う

オーロラレベルが強いと肉眼でも色付きのオーロラが見られるみたいなんですが、わたしが今回見たのはすべて白いオーロラ。

f:id:sakaki0214:20170121170307j:plain
肉眼でみた光景はこんな感じでした。
※Photoshopで無理やり白っぽくしてます

今回、動きが割と激しいオーロラを見ることができたのでほんとうによかったですが、やっぱり色付きのオーロラを見てみたかったなぁと。ということで、今度はアラスカか北欧に行ってみたい。

関連エントリー

sakaki0214.hatenablog.jp