読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからゆっくり考L

旅行好き。美味しいもの好き。日本酒好き。

香川県でやることが無くなったので高松港から鬼ヶ島(女木島)へ行ってみた

香川県でうどんを食べること以外何も決めてなかったこの旅行。しかも車に乗れる人がいないということで行く場所も限られ、早々にやることがなくなって暇になりました。そりゃそうだ。
宿泊したホテルが港の近くだったんですが、どうやらそこから鬼ヶ島に行けるということがわかったので急遽鬼ヶ島へ行くことになりました。行き当たりばったり旅です。

うどん県旅行
朝8時、はりきって始発の便に乗船。

うどん県旅行
鬼ヶ島というのは通称で、本当の島の名前は「女木島(めぎじま)」といいます。

うどん県旅行
女木島(鬼ヶ島)じゃなくて、鬼ヶ島(女木)。高松港から鬼ヶ島までの料金往復720円

うどん県旅行
乗船時間は20分ぐらいなのであっという間。海は風が強くてなかなか寒かったです。

うどん県旅行
島に到着。

うどん県旅行
かっこいい硬派な船かと思っていたのですがこんなイラストを発見。

うどん県旅行
船を降りてすぐ眼の前にある「鬼の館」というところでまずはバスの乗車券を購入します。

うどん県旅行
洞窟までの往復チケットをゲット。

うどん県旅行
そんなに待たずしてバスが発車しそうだったのでバスで行くことにしました。

うどん県旅行
レンタルサイクルもあります。

うどん県旅行
朝早すぎたためか他にお客さんはおらず貸切状態。

うどん県旅行
かなり上の方まで登っていきます。これは自転車だと結構きつそうな気がする。

うどん県旅行
到着。バスの時刻表がありますが、なんせお客さんは他にいなかったので
「○時ぐらいならたぶんぐるっと回ってこれると思うから、そのぐらいに戻ってきてー」
みたいなざっくりとした感じでした。

うどん県旅行
ここから洞窟の入り口へ向かいます。

うどん県旅行
途中にちっちゃなお店があります。ここのおばあちゃん、お店にたって70年ぐらいらしいです。
「洞窟には鬼がおるでー(ヒッヒッヒ)」
みたいな感じでまるで物語の中にいるような雰囲気を演出してきます。

うどん県旅行
洞窟入口。
ヘルメットがありますが、勧められなかったので被りませんでした。何も落ちて来なかったのでたぶん問題ないんだと思います。
落下というよりも天井が低くて頭をぶつける可能性があるので心配な人はかぶったほうがよさげ。

うどん県旅行
いざ、洞窟へ。ガイドさんにマンツーマンで案内してもらいました。

うどん県旅行
所々に鬼がおります。

うどん県旅行
洞窟の中には瀬戸内国際芸術祭の名残の人形オブジェがちらほら。

うどん県旅行
美しい。ライトアップもきちんと計算されてます。

うどん県旅行
洋風の財宝があったり。

うどん県旅行
これは…パクリっぽいような。

うどん県旅行
もはやなんでもあり。まさかの仲直り。

うどん県旅行
バイバイー。

うどん県旅行
洞窟の出口の上には岩がいっぱいとびでてます。

うどん県旅行
柱状節理という自然の産物らしいです。洞窟はちょっとしたネタだなーと思っていたんですが、更に上に登ったところにあった展望台からの景色は素晴らしかったです。

うどん県旅行

うどん県旅行
絶景絶景。

うどん県旅行
入り口にあった売店までもどってきて、きびだんごをもぐもぐ。約束の時間になったので船着場までバスで送ってもらって、まわりをうろうろ。

うどん県旅行
鬼の石像が海を眺めていたり。

うどん県旅行
モアイがいたり。

うどん県旅行
芸術をみたり。

うどん県旅行
女子大生に「見に来てください!」って言われて行ってみたMEGI HOUSE

うどん県旅行
愛知県立芸術大学の学生さんたち。

うどん県旅行
色々なアートが展示されています。

うどん県旅行
銅版画の説明をしてもらいました。あんまり芸術がわかってないので、一生懸命な女子大生のかわいさを堪能してきました。

うどん県旅行
シーズンオフで誰もいない海水浴場を散歩。のどかです。

うどん県旅行
再びめおん2に乗って帰ります。
風が半端なく強くて、船もぐわんぐわん揺れて、降りてラーメン食べてる時もずっと揺れている感じでした。

高松にきてうどん以外何すればいいのか迷った際は、鬼ヶ島がおすすめですよ。思いのほか楽しめました。

こちらのエントリーもオススメ

sakaki0214.hatenablog.jp