読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからゆっくり考L

旅行好き。美味しいもの好き。日本酒好き。

気仙沼大島 ランフェスタ でハーフ走ってきました

旅・おでかけ 運動

東日本大震災後、初めて東北に行って来ました。21km走りに。
気仙沼大島というところでマラソン大会があったので、それに出場してきました。

気仙沼大島 ランフェスタ 〜楽しむことが支援になる〜

ついでに観光も少々。一泊二日だったので本当にちょっとだけ。

松島=うみねこすごい

気仙沼からちょっと遠かったんですが、せっかくなので松島まで足をのばしました。

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
とりあえず船に乗り

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
うん。うみねこいっぱい。

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
うみねこがどわーーーーって船を追っかけてて「何!?」と思ったら

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
船からうみねこに餌(かっぱえびせん)をあげられるんですね…なるほど。

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
東京の鳩なみに、人に慣れているうみねこ。「松島=うみねこすごい」という思い出。

大会当日

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
始発で一ノ関を出発。

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
道中。港付近は、まだ震災のあとが残っていました。実際に自分の目で見ると…当時のニュース報道を思い出しました。

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
気仙沼からフェリーで大島に渡り、島の小学校で受付をして荷物を預け、いざイベント会場へ。

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
ゲストのクールポコ。久々に見た気が…
生の「な〜〜〜に〜〜〜〜〜!?」が見れました。

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
スタート地点。左側で日傘をさしている女性は長谷川理恵さん。顔が小さくてすごく綺麗でした…

超ハードなハーフマラソンスタート

「起伏が激しいコース」といわれていたものの、まさかここまでとは…というコースでした。島を2周して、3週目の途中で折り返すというコースだったんですが、1周目で心が折れてました。

どんだけ起伏が激しかったかというと、

まずは参考までに、自宅周辺を走った時の記録。

そしてこれが気仙沼大島の記録。起伏・・・

登って登って登って下って、登って下って登って、平坦な道(強い海風)、登って…のくり返しでした。

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
ここは給水直後で、なだらかなくだりで、景色が最高によくてすごいいいポイントでした。ただ、この先には瓦礫の山がいくつもいくつもあって…復興している最中なんだなーというのを感じました。

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
すごく綺麗な海。海に入ってるランナーもいました。私も余裕があったら入りたかったな。

途中で何度も何度も、終盤はただひたすら
歩きたい…
棄権したい…
って思っていたんですが、一緒に走ってくれた人がいたっていうのと、沿道の人たちの暖かい声援のおかげでなんとか無事2時間20分30秒で無事ゴールできました。制限時間の2時間半ぎりっぎり。

走ってる時はハイパー辛かったですが、島の綺麗な風景がそこにはあって、島の人たちの優しさにふれられて、すごく暖かみのある素敵な大会でした。参加して本当によかったなーー

2012.05.26-27 気仙沼大島ランフェスタ旅行
帰りの電車はかなりの混雑していて、そのため電車が遅延し、新幹線に乗り遅れそうになって駅構内を全力で走ったりと最後のオチも完璧な旅行でした。沢山の人が荷物抱えて新幹線ホームに向かって全力で走る光景はなんともすごかったです…沢山同じ境遇の人がいたおかげか、新幹線が待っててくれました。本当によかった。同じ電車に乗り合わせた方、お疲れ様でした。