読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからゆっくり考L

食べたもの、行った場所、施したネイルなどの記録

「酒BAR よらむ(京都/丸太町)」イスラエル人のヨラム氏が厳選した日本酒を嗜む

日本酒

酒BAR よらむ
冬の京都女一人旅、一日目夜。
今回の京都旅行、夜は日本酒をメインにしようと思い事前に色々調べてみました。ひとりでも気軽に入れそうな立ち呑みを探したんですがあまりなくて、立ち呑みじゃなくてもひとりで入れそうなお店で調べなおしてヒットしたのが「酒BAR よらむ」。イスラエル人のヨラムさんが一人で切り盛りしている日本酒BAR。色々気になるじゃないですか。

酒BAR よらむ
お店は人通りの少ない路地を入っていったところにひっそりと。18時オープンで10分遅れて到着したんですが、外からみるとどうもカウンターが埋まってるっぽい。諦めきれず一応お店に入ってみたところ、19時半までならいいですよーとのことで椅子を追加してカウンターに着席。ほっ。

酒BAR よらむ
利き酒セットを注文。

酒BAR よらむ
フルーティー系、酸味がつよめのもの、辛口が飲みたいですとヨラムさんに伝えて選んでもらった日本酒が以下の3種。

酒BAR よらむ
左の日本酒は「辛口純米酒 鷹勇」すっきり辛口系。真ん中の日本酒は「超王祿 無濾過中取り」微発泡でちょっとピリピリ。右の日本酒は「帰山 参番 純米吟醸生酒」フルーティーで酸味が強めのもの。どれも美味しかったんですが、帰山が一番好きな味でした。

ヨラムさん、満席のカウンターを1人で接客するので中々忙しそうだったんですが、私の利き酒の飲み方があまりになってなさすぎて実演付きでこう飲むんだよーと教えてくれました。
ちびちび飲むんじゃなくて、このコップ一杯を5口くらいで飲みきる分量(結構多め)を口に含むこと。舌の先で味を感じること。飲みこんでから口の中に広がる余韻を楽しむ、だからすぐに違う日本酒を飲んじゃダメで、ちょっと時間を空けたほうがよいと。メモメモ…。

3種飲み比べでちょっと酔ってきたので早めに退散。旅先で酔いすぎてもよくないですしね。

日本酒に対する愛情、知識があふれていてすごく素敵なヨラムさん。また京都に来た時は絶対立ち寄りたいし、もっとゆっくりヨラムさんの話が聞けるといいなー。

ヨラムさんに関する諸々は以下のインタビュー記事に詳しく書かれてます。行く前に読んでおけばよかった。


関連ランキング:バー | 丸太町駅(京都市営)烏丸御池駅京都市役所前駅