読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからゆっくり考L

食べたもの、行った場所、施したネイルなどの記録

「羽村市郷土博物館」で羽村市の歴史を知る #tokyo島旅山旅

旅・おでかけ

羽村市郷土博物館
羽村駅から羽村取水堰まで行き、そこから徒歩10分ぐらいでこの「羽村市郷土博物館」に到着します。羽村取水堰からここまでの道のりは、川沿いの土手を延々と歩くだけ。鳥のさえずりや川の音を聞きながら歩くの、最高ですよ。のどかー。


入館時の手続き

入場料は無料ですが、まずは受付で簡単なアンケートに答えます。
あと、施設内の写真をブログ等に掲載する場合は申請書に記入し提出する必要があります。アンケートと同時に記入してしまうか、帰る前に手続きをしましょう。

館内の常設展示

羽村市郷土博物館
「多摩川とともに」というメインテーマが掲げられている常設展示。

羽村市郷土博物館
縄文時代の景観再現模型や縄文土器が展示されていました。縄文時代のことから江戸時代のことまで、羽村の歴史が学べます。昔小学生の頃、地元の博物館的なところでこういうのを見て勉強したなーと思ったら、こちらの博物館へは東京都の小学生がたくさん見学にくるみたいです。やはり。地方出身者で東京在住の人は中々興味深く学べると思います。私は興味深く学べました。大人にもオススメです。

羽村市郷土博物館
江戸時代の水門の模型。大きくて立派!

羽村市郷土博物館
所々に映像の説明があるので分かりやすい。

羽村市郷土博物館
こういうところも博物館っぽい。これを頑張って回すと、展示物がちょっとずつ変化していく様を見ることができます。私以外お客さんがいなかったので、それはもう必死に回しました。

羽村市郷土博物館
ちょっと腰を掛けて映像をみるスペースもあります。ここでは羽村生まれの小説家「中里介山」の生涯、作品を見ることができます。

屋外には赤門や古民家が

羽村市郷土博物館
色鮮やかな赤門。この赤門、元々は羽村生まれの小説家「中里介山」の大菩薩峠記念館の正門だったもの。

羽村市郷土博物館
こちらは国指定重要有形民俗文化財である「旧下田家住宅」。この「国指定重要有形民俗文化財」というのは、建物と生活用具の両方セットで国から指定されているものだそうですよ。

羽村市郷土博物館
国指定重要有形民俗文化財ってことはさすがに中には入れないかなーと思ったら入ってもいいそうなので入りました。

羽村市郷土博物館
中に入ったら囲炉裏には本物の炎が。外では薪を割っている音がするし、なんだかここだけタイムスリップしてきたような感じ。

羽村市郷土博物館

羽村市郷土博物館に行ってから羽村取水堰を見るのがオススメです

私の場合は先に羽村取水堰を見に行ってしまったんですが、先に博物館で色々知識を得てから見たほうがよかったなーと思います。博物館で歴史から学ぶとより理解できるなぁと。羽村取水堰に行くなら先に羽村市郷土博物館へ!

関連エントリー

sakaki0214.hatenablog.jp

tokyo reporter 島旅&山旅

tokyoreporter.jp