読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからゆっくり考L

食べたもの、行った場所、施したネイルなどの記録

「キッチン・オバサン(江古田)」町の洋食屋さんでいただくボリュームたっぷり絶品オムライス、からの日本酒

日本酒

キッチン・オバサン
ねんざさんが部長をつとめる、色々なオムライスを食べる活動をしているオムライス部に初めて参加してきました。ずっと気になっていたので今回参加できて嬉しい限り。美味しいオムライスを求めて普段滅多に行かない江古田方面まで足をのばしました。
場所は江古田駅から徒歩10分ぐらいのところにあります。西武有楽町線の新桜台駅からだともっと近い。

住宅街の中に溶け込んでいる町の洋食屋さん

キッチン・オバサン
マンションの1階にあります。やや半地下。

キッチン・オバサン
「キッチン・オバサン」の店頭にはオバサンの像が。

ほっとするあたたかみのある店内

キッチン・オバサン
こういう町の洋食屋さんっていう雰囲気、いいですよね。私たちは結構早めの時間帯に入店したので、先客は子供連れの人たちとカウンターにお一人様がぽつぽついたぐらい。時間がたつにつれて近所に住んでいるっぽい人たちがぞくぞくと入ってきます。全体的に雰囲気があたたかい。

オムライスとコムライスで迷う

キッチン・オバサン
メニューがたくさんありすぎて迷うパターン。オムライスを食べるためにきたけど、オムライス、オムカレー、オムハヤシ、この時点で迷う。そして他のメニューも気になる。こういうお店のハンバーグって絶対美味しそうですし。コムライスにして他のものも注文するっていうのもありなのかもしれない。コムライスっていうのは、オムライスの量が少ないバージョンらしい。ネーミングがかわいらしい。

悩みに悩んでオムハヤシに決定。

ボリューム感がすごい!

キッチン・オバサン
写真だとそこまでの迫力はないんですが、実物は結構大きい。なるほど、これはコムハヤシでもよかったかもしれない。

キッチン・オバサン
あぁ、けどこのボリューム、美しさは普通盛りだからこそなのかもしれないし、初訪問だからまぁいっかってことでいただきます。

キッチン・オバサン
こういうほっこりするあたたかい料理を食べてるときは料理に集中したくなる。ビールとかアルコールはなくていい。オムハヤシをひたすら食べていたい。

キッチン・オバサン
隣にはオムカレーが。一口いただきます。あぁこれも絶品。次はオムカレーにしようって決めた。

キッチン・オバサン
気になっていたハンバーグも一口いただく。バターと肉の風味がすごい、濃厚ハンバーグ。これは白いご飯と一緒に食べたくなる!んでもって付け合せのマッシュポテトもこれまたいい。口にするものすべてが美味しくて幸せな気分になる。

キッチン・オバサン
オーソドックスなオムライスも一口いただく。ふわとろな卵とケチャップはやはりいい組み合わせ。チキンライスがちゃんと美味しいから全体的にしっかりまとまってる。

量の多さを心配していたのは最初だけで、早いペースで完食してました。おいしいとこうなる。ごちそうさまでした!


関連ランキング:洋食 | 新桜台駅江古田駅桜台駅

夜はまだまだ終わらなかった

ノンアルコールでこの日は解散かと思われたが、江古田駅方面にふらふら歩いて行くと「日本酒」の文字が目に入ってきてしまった。

いんぎら
こんな住宅街のど真ん中に日本酒のお店があるとはびっくり。外からだと店内はあまりよく見えないしどういう銘柄を扱っているのか全くわからない。

いんぎら
わからなさすぎて気になったので入ってみる。お店の名前は「いんぎら」というらしい。

いんぎら
これは入る運命だったのかな?って思ったぐらい、風の森、而今、鳳凰美田って、好きな銘柄だらけ!

いんぎら
蒼空が東京のお店で飲めるとはなんとも嬉しい。

いんぎら
すべて均一の値段。十四代もこの値段らしい。安くてびっくりする。

いんぎら
この値段で十四代を飲めるのは貴重だし飲んでおかないと。

いんぎら
もちろん蒼空もいただきます。

女性は30mlサービスと書かれていたので、而今をお願いしました。

まさか江古田の住宅街で日本酒を飲むことになるとは思ってもいませんでした。偶然の出会いってすごい。江古田に住みたくなりました。


関連ランキング:居酒屋 | 新桜台駅江古田駅桜台駅