読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからゆっくり考L

食べたもの、行った場所、施したネイルなどの記録

女一人で挑む初めての富士山(1日目):吉田ルートでのんびり八合目を目指す

登山・ハイキング

富士山 1日目
木曜日の朝、バスタ新宿6:45分発のバスに乗り込む。

諸々の手配は思っていたよりもそんなに大変なことはなく、割とさくっとできちゃいました。山小屋に電話して予約し、新宿 - 富士山五合目の往復バスをネットで予約、これだけ。あとは装備を整えて、ネットで情報収集。ツアーに参加せずとも一人でなんとかなりそうな気がしたので、単独で挑んでみることにしました。

富士山 1日目
事故による渋滞が途中であったので、15分遅れで富士スバルライン五合目(吉田口)に到着。天候はあまりよくなく、あたり一面真っ白。まずは休憩所にいってトイレをすませたり雨具を着用したりして準備を整える。

富士山 1日目
高所に体をならすため、1時間ほどぶらぶらして時間をつぶします。

富士山 1日目
ちょっと腹ごしらえ。食堂でちゃんとした食事をとろうか迷ったんですが、がっつり食べ過ぎもどうかと思い、売店で大きい肉まん(400円)を購入。

富士山 1日目
登山口で富士山保全協力金1000円を払うと、木札がもらえます。これをザックにつけて準備完了。

富士山 1日目
いざ、吉田口出発。登山スタート!

富士山 1日目
しばらくは広い道で平坦なので、登山感はゼロ。五合目に観光にきた軽装の人たちがちらほら。

富士山 1日目
ここから坂道になってきてやや登山っぽくなる。雨具の中がすっごく蒸しててつらい。そういえば、この雨具を着用するのはこの時が初めて、つまり、雨の中登るのは初めて。

富士山 1日目
六合目到着。かなりガスってて上も下もほとんど何も見えず、ただただ白い。

富士山 1日目
視界不良の中、七合目に向かいます。

富士山 1日目
世界が白すぎて呆然と立ち尽くす。綺麗な景色どこ…

富士山 1日目
と思ったら突然上の方の山小屋が見えたー!こういう景色待ってた!!

富士山 1日目
と思ったら一瞬でまた白くなったー!

ってな感じで、ころころ景色がかわります。シャッターチャンスが一瞬すぎる。

富士山 1日目
七合目、最初の山小屋「花小屋」に到着。

富士山 1日目


富士山 1日目
この先はしばらく岩場が続きます。写真で見た時は辛そうだなーと思っていたんですが、いざ登ってみると意外と楽しい。どのルートで登れば楽ちんか、この岩なら手で掴めそう、とか色々考えながら進みます。息があがらないように、ゆっくりゆっくりと。平日の午前中で人が少なかったため、マイペースで登ることができました。

富士山 1日目
写真を見てるとまた登りたくなる。

富士山 1日目


富士山 1日目
全体的に天候があまりよくなかったですが、雲海を少しだけ見ることができました。眼下に広がるこの景色は生でみると迫力が全然違う。来てよかった。

富士山 1日目
段々ガスが立ち込めてくる。

富士山 1日目
岩場をもりもり登っていたら、いつのまにか宿泊する山小屋「太子館」に到着。頭痛はするものの体力的には全然余裕で、もっと上の山小屋まで行けたんじゃないかって感じがします。

富士山 1日目
太子館の建物は檜造りで、平成元年に建て替えられたものだそうです。とてもきれいでした。

富士山 1日目
まだ人が入る前の寝床を撮影。

富士山 1日目
上下二段になっていて、わたしは下の段に。二番目の到着だったので、奥から2番目。到着した人から順に奥から詰めていく形式のようで、隣が異性になる可能性もあります。私は片側が男性でした。

富士山 1日目
宿泊客が少なかったせいか、一人で寝袋2つ分のスペースが与えられました。ぎゅーぎゅーを覚悟していたのですが思っていたよりも1人分のスペースが広めで嬉しい限り。このぐらいだと隣が異性でもまったく気にならなかったです。

ここでスタッフさんから山小屋の説明を聞いて、平日料金の8500円を支払います。

富士山 1日目
更衣室完備。

富士山 1日目
吐く用の容器も完備。

富士山 1日目
お手洗いは外にあります。宿泊者は初回に200円払えば、そのあとは使い放題。
他の山小屋のトイレを使用してないので比較はできないんですが、太子館のトイレは想像以上にきれいでした。トイレの建物の外にはトイレ臭が漂っていたのですが、個室内は臭くないんです。トイレットペーパーもちゃんとあるし、生理用品まで完備されてました。なんて至れり尽くせりな。

富士山 1日目
16時すぎ、夕御飯の支度ができたとのことで入口付近にある食事スペースに移動します。あたたかいカレーと、

富士山 1日目
あたたかくはない鯖の味噌煮とウィンナーと福神漬と山菜と、おやつ。そんなに量はないんですが、食べ終わってみると満腹に。

富士山 1日目
おかわり用のご飯も用意されてました。

富士山 1日目
翌日の朝ごはんもこのタイミングで配られます。

富士山 1日目
ご飯を食べ終わって、歯磨きをして、あとはもう寝るだけ。山頂で御来光を見る人たちはもう寝る準備を初めてましたが、わたしは山小屋の外で御来光を見る予定だったのでまだ寝るには早過ぎる。時間を持て余しすぎてぼーっとするしかない。

富士山 1日目
頑張って上を目指す人を眺める。

星空でも撮影しようかなと19時過ぎに外に出てみたら、空が完全に覆われていて全く見えず…なんてこった。寒すぎたのもあって、早々に諦めて19時半ぐらいには寝袋に入りました。

がしかし、まったく睡魔がこない。意識がなくならない。眠れない。寒い。
隣の男性のいびきが気にならないわけではないが、いびきが聞こえなくなってもまったく眠れない。頭は若干痛いものの、疲労感を感じていない。アドレナリン全開すぎる。

つづく

この日のコースタイム

五合目 10:23

44分

六合目 11:07

77分

七合目 12:24

117分

八合目 14:21