読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからゆっくり考L

旅行好き。美味しいもの好き。日本酒好き。

女一人で挑む2016年2回目の富士山 須走ルート編その5 - 無事に御来光が拝めて安堵する

登山・ハイキング

「4時に起こしに行くので目覚ましは鳴らさないでくださいね。」

と山小屋のスタッフさんから言われていたので、4時までは寝床にいたほうがいいのかなとぼんやりと思っていたのですが、そもそもずっと起きてるし隣人との戦いに疲れ果ててもう限界。3時50分ぐらいには寝袋から脱出し、外に向かいました。広間は夜通し登ってきたであろう疲弊しきった登山者がたくさん。雰囲気的にどうやら外は雨っぽい。

もしかして、今回もまた白い世界なのかな…ドキドキしながら外に出てみる。

2016.08.15-16 富士山
小雨だけど眺望は全く問題なさそう!よし!!!
と心のなかでガッツポーズ。まずは8時間ぶりにトイレにいき、トイレの窓から撮影。夜景がちゃんと見えるよ…すごいよ…

2016.08.15-16 富士山
山中湖が見える。富士山に登り始めてから、下の様子がちゃんと見えたのがこの時初めて。下界はちゃんと存在してたんだなぁ。

2016.08.15-16 富士山
もうすぐ御来光ということもあり、山小屋前にかなり人が集まってくる。わたしは4時近くからいたので柵の一番前でスタンバイ。この頃にはもうすっかり雨があがっていました。

ちょうどいいところに雲があり、もしかしたら太陽が隠れてしまうんじゃないか、と心配しながら見守る。

2016.08.15-16 富士山

2016.08.15-16 富士山

2016.08.15-16 富士山
ものすごくぎりぎり、なんとか御来光が拝めました。

2016.08.15-16 富士山

2016.08.15-16 富士山
雲がだんだんオレンジ色に染まっていき、世界が明るくなりはじめる。

2016.08.15-16 富士山
そして雲の中へ。

雲が多くて残念がっている人がいましたが、前回わたしが登った時の数百倍ましですよ、これは全然いい方ですよ、と心の中で訴えかけました。こういう景色がまったく見られなかった前回は本当に辛かったなー。

富士山 二日目
参考までに、先月4時40分頃八合目で撮影したものを。改めて見てもつらいものがある。

* *

2016.08.15-16 富士山
そろそろお腹が減ってきたので、一息ついて600円のカップヌードルを。いつもの数倍増しで美味しい。
食べている最中、なんだか外がやかましい。山小屋のスタッフさんたちもなにやらガヤガヤしていて、なんなんだろーとのんきに食べ続けてました。食べ終わって、さっきのガヤガヤがなんだったのか気になり外に出てみる。

2016.08.15-16 富士山
太陽は完全に雲の中に入ってしまってたんですが、目の前にはとんでもなく幻想的な世界が広がってました…。なにこれすごい。カップラーメンを食べている場合じゃなかった。

こんな素晴らしい景色を見ることができて、リベンジしてよかったなーとしみじみ思いました。自分の行動力に拍手。

ひとしきり感動した後は、頂上を目指します。

女一人で挑む2016年2回目の富士山 須走ルート編その6 - 本八合目から山頂まではあっという間 - これからゆっくり考L