読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからゆっくり考L

旅行好き。美味しいもの好き。日本酒好き。

「王ろじ(新宿三丁目)」大正10年創業の老舗で食べたカツカレー、今まで食べた中で一番好きかもしれない

王ろじ
ダイエットしなきゃって思っている時ほど、なぜか高カロリーのものが食べたくなる。この法則いったいなんなんだろう。と考えながら、伊勢丹近くの路地にひっそりと佇む「王ろじ」に吸い込まれていきました。

もうかれこれ10年ぐらい前からこのお店の存在は知っていたのですが、若かりし頃は入りにくいなーと思っててスルーしてたんです。最近改めて調べてみたら、なんと創業は大正10年で「とん丼」という名のカツカレーが有名らしい。ふむふむ。気になるじゃないですか?近くに買い物に来たついでにふらっと入ってしまったので、一旦ダイエットは中断ってことで。

金曜日の夜19時すぎだったのですが、ちょうどカウンターには空席がひとつ。運良く並ばずに座れました。

王ろじ
メニューはチラ見しましたが、「とん丼」を即注文。

王ろじ
王ろじ漬をたべながら10分少々待ちます。その間、ひっきりなしにお客さんが入ってきては、満席なのでお待ち下さいーというアナウンスが。さすが人気店。

王ろじ
小ぶりなとん丼。

王ろじ
横から見ると、カツがかなりぶ厚い。

まずはソースがかかったカツだけでいただく。外はカリカリザクザク、いい歯ごたえ。肉はさっくりとほぐれる。苦手な脂身部分がないのでずっと噛んでいられる。噛めば噛むほど美味しい肉汁が溢れて出てくるー。カツだけで最高に満足。

カレーはちゃんと辛さがある。中辛よりちょい辛めかな?というぐらい。ほどよく口の中がスパイシーな感じになり、そこにカツも投入。カレーとソースカツ、両方共美味しいし合わさったら更に美味しいに決まってる。

小ぶりな丼でしたが、食べ終わってみたらちゃんと満腹に。ごちそうさまでした!


関連ランキング:とんかつ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅