これからゆっくり考L

旅行好き。美味しいもの好き。日本酒好き。

雨予報だったけど雨にふられなかった秋の尾瀬

IMGP8980
9月下旬、1泊2日で尾瀬に行ってきました。
天気予報では2日間とも曇りや雨だったのですが、蓋を開けてみれば雨が降ったのは夜のみ。基本は曇りでたまに日がさす、というかなり恵まれた天候でした。
紅葉を堪能するにはちょっと早めの時期でしたが、秋っぽい涼しさの中思う存分尾瀬を堪能できました。

戸倉の第2駐車場から乗合タクシーで鳩待峠へ

IMGP8631
土曜日の9時ちょっと前の時点で、戸倉の第1駐車場は満車。第2駐車場に車を止めることに。

IMGP8632
バス・タクシー共通乗車券を購入。バスがちょうど出発したばかりでしたが、人がある程度あつまったら乗合タクシーに乗せてくれるシステムらしい。20分ぐらいで鳩待峠に到着。

鳩待峠からヨッピ吊橋経由で温泉小屋まで

IMGP8641
ここから尾瀬の旅スタート。山ノ鼻まではゆるーいくだりです。

IMGP8661
天気はちょっとどんよりしてましたが、空気が澄んでるし涼しいし気持ちがいい。たまに紅葉している木があったりする。

IMGP8660
鳩待峠〜山ノ鼻の間は熊の目撃情報(PDF)が多いのでしっかり鳴らしました。
心配性なので終始熊に怯えていたのですが、道中で見かけることはなかったです。糞すら見なかった。熊ではないなにかの糞はたくさん見ましたが、あれはなんの糞だったんだろう…

IMGP8713
どんより天気の尾瀬ヶ原と燧ヶ岳。

IMGP8724
逆さ燧(さかさひうち)、燧ヶ岳が逆さまにうつる絶景ポイント。風が微妙にふき続けていたためくっきりとはうつらず。

IMGP8748
牛首分岐からヨッピ吊橋に向かう道中。りんどうが比較的多めなポイント。

IMGP8756
燧ヶ岳の上空の雲がちょっとおそろしい感じになってた。

IMGP8761
ヨッピ吊橋。まあまあ揺れるけどそんなに怖くはない。

IMGP8803
お昼ごはんをもってこなかったので宿泊する山小屋までほぼ休憩無しであるき続け、やっと見えてきた。お昼はよ…

宿泊する「温泉小屋」に到着

IMGP8806
鳩待峠をでてから4時間ほど歩き、突如目の前に現れたおしゃテラス。ここがこの日お世話になった「温泉小屋」という山小屋です。
このおしゃテラスでのんびりしたいっていうのもここにした理由のひとつだったので、雨にふられなくて本当によかった!

www.oze-onsengoya.com

IMG_0528
ってことで、ソファにすわってお昼ごはんとビール。ピザとタイカレーを注文しました。

IMGP8816
遠くにくずれた笠雲?のような雲が。どんよりしてるけどこの景色を見ながらのんびりご飯食べてビール飲んでって、最高でしかなかった。

温泉小屋にチェックイン

お昼を食べ終わったあとチェックインをすませます。
一泊二食付きで一人10,800円。本館の湿原側か裏側か、別館か、で料金が異なります(料金表)。
予約のときもチェックインのときも部屋の希望を聞かれなかったというか言わなかったのですが、自動的に本館の湿原側のお部屋が割り当てられました。

IMGP8819
本館の湿原側に泊まれたらいいなーとチェックイン前にぼやいていた願いが叶いました。しかも角部屋。

IMGP8820
本館にはオリジナルタオルもついている!温泉に入る時に使いました(温泉とてもよかった…)。
温泉に洗い場的なものがありますが、シャンプーや石鹸の類は使えません。洗顔料や歯磨き粉も控えめにとのこと。ドライヤーの使用も禁止されてました。

IMG_4699
セキュリティボックス完備!
一眼、財布、時計などなど余裕で入りました。部屋は外から鍵がかけられないので、外出時(温泉に入るときとか)に使いました。

三条ノ滝に向かう

IMGP8823
夕飯まで時間がかなりあったため、雨がふってなかったら行ってみようと思っていた「三条ノ滝」に向かうことにしました。温泉小屋から1.8kmほど先にあり、所要時間は往復2時間ほどらしい。貴重品、カメラ、レインウェアだけ持って出発したのですが…完全に服装をミスったことを後悔しました。

f:id:sakaki0214:20190928110123j:plain
尾瀬はほぼ木道でそんな激しい道はなかろう、と思って今回スカートをはいてました。木道を歩く分にはまったく問題なかったのですが、三条ノ滝まで行く可能性がある人にはスカートはオススメしません…。

途中から木道がなくなって普通の山道となり、三条ノ滝まで急な下り坂が続きます。

IMGP8832
岩がごろごろしているところを歩くし、

IMGP8837
ぬかるんでいる箇所も多々。険しい箇所が結構ありました。

IMGP8830
向かう途中にちらっと見えた「平滑ノ滝(ひらなめのたき)」。
イメージしていた滝とはちょっと違い、ゆるやかに岩の上を流れている川、という感じ。雨が心配だったのでここはさくっと見て先に進みます。

IMGP8849
三条ノ滝の展望台付近は整備されています。最後の木の階段はかなり急勾配でしたが。
タイミングよく誰もいなかったので三条ノ滝独り占め!

IMGP8853
あまりの大迫力にびっくり…サイズ感がすごいし、ゴーーーーという水の音はすごいし。落差は100m、幅は30mぐらいあるんだそうな。


ずっと見ていても全然飽きないし、心が無になりました…。
できることなら30分ぐらいぼーっと見ていたい気持ちでしたが、天候が心配だし暗くなるのも怖かったので早々に切り上げました。

温泉小屋に帰還

IMG_4709
テラスカフェで即ビール。今度は缶ではなく生ビールを注文。山で飲むビールってなんでこんなに美味しいのか。

夕ご飯前にさくっと温泉に入り、売店でビールを購入して食堂へ向かう。

IMG_4712
ごはんとカレーは大盛りにもできるシステム。これは普通盛り。
カレーだけじゃなくてサラダや味噌汁もついてくるって、山小屋とは思えない豪華さ。カレー普通盛りでもじゅうぶんお腹いっぱいになりました。

IMGP8871
夕ご飯を食べ終え、部屋に戻ってきて外を確認してみる。
雲がおおすぎで星空は無理そう…。外が真っ暗になると雨がザーザー降ってきたので、あとはもう酒を飲むのみ。持ち込んだビールを飲む。
テレビもないし携帯も電波がない(Wi-Fiはあるけどほとんど使えない。au系の人は使えてました。)ので、早々に寝ました。

IMGP8883
星空をあきらめきれず夜中の1時に目がさめる。窓から外を見てみると雨がやんでいて、心なしか星空が見えた気がしたので外に出てみる。
入り口にあった宿の三脚をお借りして何枚か撮影してみたら、微妙にうつりました。

雲がなかったらものすごーーーーくきれいな星空が見えたんだろうな、と想像できる写真がとれました。ピントがいまいちで微妙なのは、熊にびびって割と焦っていたせいです。あたりは一面真っ暗だし、人の気配もまったくないし、遠くで聞いたことのない遠吠え?叫び声?のようなものがたまに聞こえるし。近場でガサガサと音が聞こえるたびに恐れおののいていました。

IMGP8887
6時ごろ起床。めっちゃ天気いいじゃん…?
2日目の予報こそ朝から雨だったはずが、この天気。朝焼けを期待して日の出の時間も外をチェックしたのですが、そのときは結構曇っていたのに。山の天気はころころかわるなーってことで、次からはちゃんと帽子を持ってこようって思いました(家においてきた)。

IMG_4720
品数多くて山小屋とは思えないほど充実した朝食。

二日目は見晴経由で山ノ鼻に向かう

IMGP8896
温泉小屋に別れを告げ、見晴、竜宮を通って山ノ鼻に向かいます。日が差し込んでキラキラしてる尾瀬を歩きます。

IMGP8904

IMGP8913
見晴に到着。山小屋がたくさんありました。

IMGP8929
ひたすらいい景色。

IMGP8955
途中、工事中のところがあったり。

IMGP8982
逆さ燧、再チャレンジするも風がやまず…。天候は昨日よりいいので、よしとする。

IMGP8988
行きではまったく見かけなかった歩荷さんをちらほら見かけました。


iPhoneの手ブレ補正機能優秀。


鴨。

IMG_4736
山ノ鼻に到着。「カフェ至仏」で水芭蕉という日本酒を使用したジェラートを食べながらひとやすみ。びっくりするほどに日本酒の香りが強めで、日本酒好きにはたまらないスイーツでした。

鳩待峠に向かう

IMGP9001
尾瀬ヶ原散策の余韻に浸りながら、あとは登るのみ。雲は多いものの青空もみえ、そこそこ涼しい。いい天候です。

IMGP9000

IMG_4739
最後の階段付近は人口密度が高めでした。確かに、最後の階段はなかなかしんどかったのでペースがゆっくりになるのも納得。

鳩待峠に到着

IMGP9006
腹ペコなので即お昼に。食堂で「黒毛和牛 コロッケバーガー(450円)」を注文。
あげたてさくさくのコロッケ、ほくほくのバンズ、美味しさのレベルが高すぎなバーガーでした。

IMG_4748
食後のデザートにソフトクリーム、「水芭蕉 吟醸 プレミアムソフト 枡盛り(800円)」
普通のコーンもありますが、せっかくなので枡にいれてもらいました。持ち帰り用のビニールも一緒にもらえます。これもジェラートと同じぐらい日本酒の香りが強めで、運転手で食べられない旦那の視線が痛かったです…。ジェラートもソフトクリーム、どっちも美味しいので両方ともおすすめです。