読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからゆっくり考L

旅行好き。美味しいもの好き。日本酒好き。

女一人で挑む2016年2回目の富士山 須走ルート編その3 - 雨のなか七合目へ

2016.08.15-16 富士山
六合目を出発し、本六合目を目指します。歩き始めてしばらくすると雨が降ってきました。前回の教訓をちゃんといかし、本降りになる前に木陰でささっと雨具(下)をはきます。

2016.08.15-16 富士山
それにしても、世界が真っ白である。

2016.08.15-16 富士山
11:39、本六合目(2700m)に到着。六合目から50分近くかかってる…雨だから仕方ないかな。


そこそこ雨足が強くてつらい感じ。

2016.08.15-16 富士山
近くにいた慣れてる人たちが、「この先は険しくなるから、深く呼吸してこー!」って言ってたのを盗み聞き。合点承知。

2016.08.15-16 富士山
岩登りは好きだから問題なし。しかも、今回はトレッキングポールがあるからかなり楽ちん。トレッキングポール様様です。

2016.08.15-16 富士山
常にトレッキングポールのありがたみを感じてました。もうこれ無しでは山に登れない。

2016.08.15-16 富士山
須走ルートは、吉田ルートとくらべて山小屋が少ないので休憩するタイミングが分かりにくい。一人だとだらだら歩き続けてしまうので、富士山慣れしてそうな青年たちが休んでいる場所で真似して休むようにしてました。

2016.08.15-16 富士山
雨が小降りになったタイミングで、記念撮影。白い世界、再び。

2016.08.15-16 富士山
こんなふざけたことやっていられるのは今のうちだけ。この先は、道もしんどいし雨も弱くならないしでかなり苦行でした。

2016.08.15-16 富士山
13:13、七合目(3090m)到着。突然人口密度があがったので何かと思ったら、ちょうどここが下りと登りの分岐点でした。死にそうになっている人は降りてきた人っぽい。

まだまだ雨が続きます。

女一人で挑む2016年2回目の富士山 須走ルート編その4 - 泊まる山小屋に到着した瞬間に天候が回復するという奇跡 - これからゆっくり考L